CATVかBフレッツか

 
現在、インターネットのプロバイダーは「iTSCOM」ですが、契約中の「auひかり・マンションタイプ」(VDSL方式で下り100M)のサービスが9月30日で終了してしまいます。
 

 
当マンションの設備は旧「TEPCOひかり」をauが引き継いだ旧式で、採算が合わなくなったので終了する様です。
 
この場合、auは後継サービスを導入するものですが、当マンションは技術的(設備的)制約が有り導入出来ないとのことです。(本音は契約者数が少ないからかも知れませんが...)
 
そうなると、通信方式をCATV(ケーブルモデム方式で下り160M)かBフレッツ(VDSL方式で下り100M)かADSLに移行しなければならないので、どうしたものか現在思案中です。
 
Bフレッツの次世代サービスの「フレッツ光」なら迷わずこちらに移行するのですが、当マンションには旧式のBフレッツしか導入されていません。
 
そろそろ移行先を決めなければならないのですが、CATVは料金が高いし(6,300円/月)、Bフレッツは古い技術だし、選択の決め手が有りません。
 
実際にBフレッツ(マンションタイプ)をお使いの方がいらっしゃいましたら通信速度等、是非コメントをお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
LOG SEARCH
プロフィール

JK1FUP

Author:JK1FUP
1977年に144MHzで開局。
2000年頃からしばらくQRTしていましたが、1アマ取得(2007年)を機に再開。
RIGの準備からANTの設営まで、一からの再スタートでした。
N6NYでもQRV。 2009年11月に初の海外運用をサイパンで敢行、すっかり嵌ってしまいました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: