ANK機・急降下トラブル

 
弛んでいると言うか、呆れてものが言えません。
 

 
B737-700以外のB737のコクピットがどうなっているのか分かりませんが、全世界で最も多いシリーズですから、指差確認をしていれば間違える訳は無いと思います。
 
通常、副操縦士は右側の席に座るので副操縦士の左腕から見るとこれらのつまみが一直線上に並びます。
 
まさか、手探りでつまみを操作した訳ではないと思いますが...
 
また、この副操縦士は社内規定の「高高度において、1人しか操縦室にいない時の酸素マスク着用義務」にも違反していた様です。
 
映画「ハッピー・フライト」でもちゃんと酸素マスクを着用しています。
 
運良く機体を立て直せたので事なきを得ましたが、シュミレーション画像を見ると正に奇跡です。
 
B787初号機導入に浮かれることなく、気を引き締めていただきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
LOG SEARCH
プロフィール

JK1FUP

Author:JK1FUP
1977年に144MHzで開局。
2000年頃からしばらくQRTしていましたが、1アマ取得(2007年)を機に再開。
RIGの準備からANTの設営まで、一からの再スタートでした。
N6NYでもQRV。 2009年11月に初の海外運用をサイパンで敢行、すっかり嵌ってしまいました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: