変更申請(デジタルモード)・審査終了

ショート・リリーフとして、2月3日に変更申請したデジタルモードの審査が補正無しで無事終了しました。

変更申請 デジタル 審査終了

MIC端子入力とUSB端子(アクセサリー端子)入力の違いは有りますが、同じ送信機系統図諸元表を使って、総合通信局MIC端子入力)とTSSUSB端子入力)へ申請しました。

にも拘らず、TSSからは諸元表に対して12項目の補正依頼が来ました。

なるほどと納得出来る指摘も有りますが、その多くは重箱の隅を突く様な指摘です。

木を見て森を見ず」と言う格言が有りますが、総合通信局は「」を見て審査、TSSは「」を見て審査しているとしか私には思えません。

例えば、総合通信局から指摘が無かった「(注) 1.9MHz帯の送信は、占有周波数帯幅200Hz以下のものとします。」の文言も、TSSからは「1.9MHz帯における附属装置の使用にかかる条件は、単に「占有周波数帯幅200Hz以下」と記載するのではなく、どの附属装置あるいはどの附属装置のどの範囲まで使用するのか、条件に該当する附属装置等を具体的に明記して下さい。」と補正依頼が来ました。

まあ、紳士的に対応して補正しましたが、アマチュア無線技士のプライドが傷つきました。

もう二度とTSSは使う気になりません。

ブログランキングならblogram 励みになりますので、クリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
LOG SEARCH
プロフィール

JK1FUP

Author:JK1FUP
1977年に144MHzで開局。
2000年頃からしばらくQRTしていましたが、1アマ取得(2007年)を機に再開。
RIGの準備からANTの設営まで、一からの再スタートでした。
N6NYでもQRV。 2009年11月に初の海外運用をサイパンで敢行、すっかり嵌ってしまいました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: