ALL JA コンテスト結果

 
ALL JA コンテストが終わりました。
 
参加部門は心機一転、電信電話部門 シングルオペ 28MHzバンドです。
 
使用したRIGはFT-857DM(50W)、アンテナは5バンドGP(10mH)です。
 
結果は46局14マルチの644点でした。
 

 
運用は4月29日(日)の9時~16時の7時間でした。
 
元々参加局数が少ないバンドですので、14時過ぎには閑古鳥が鳴く状態でした。
 

 
弱いながらもEsスキャッターで、1、3、4、6、8エリアと交信が出来ました。
 

 
今回はブログ関係とのQSOはありませんでした。
 
電子ログは提出済みです。
 
お声掛けいただいた各局、ありがとうございました。
 
しかし、クラブ局の体たらくには驚きました。
 
標準フォネティック・コードが理解出来ない人やコンテスト・ナンバーを「都道府県ナンバー+空中線電力記号」しか送らない人がいました。
 
ニュー・カマーは大歓迎ですが、コンテスト前に十分な訓練を積まないと結局コンテストでは相手にされず長続きしない様な気がします。
 
ハム人口を増やすには先輩の指導が本当に重要だと痛感しました。
スポンサーサイト

ALL JA コンテスト参戦

 
予定通り、5バンドGPを上げて「電信電話部門・シングルオペ・28MHzバンド(X28M)」に参戦しました。
 

 
4月29日(日)9時~16時迄の運用でしたが46局14マルチ(1、3、4、6、8エリア)の644ポイントでした。
 
久しぶりに気持ちの良いコンテスト日和の一日でした。
 
詳細は明日レポートします。
 
ALL JA コンテストを皮切りに今年のアマチュア無線活動が始動します。
 
皆さん、よろしくお願いします。

VP2V/NY6X

 
毎年GWにカリブ・DXペディションを行っている私の友人のNAOさん(NY6X also JN1RVS)ですが、今年はVP2V(Tortola Is. IOTA NA-023)に遠征します。
 

 
コールサインは VP2V/NY6X です。
 
早ければ、日本時間で4/28(土)の朝から運用を開始するとのメールが入りました。
今頃、準備に追われている頃だと思います。
 
QSLはLoTWまたはSASEでお願いします。

今週末は ALL JA コンテスト

 
今週末は ALL JA コンテストです。
 
毎年、このコンテストを皮切りにアマチュア無線活動が始まります。
 

 
今年はコンディションが良さそうなので、志向を変えて電信電話部門・シングルオペ・28MHz(X28M)にエントリーしようかと思っています。 RIGはFT-857DM(50W)を使用予定です。
 
皆さん、聞こえていましたらナンバー交換をよろしくお願いします。

春雷

 
午後8時30分頃、横浜地方を春雷が通過しました。
 

 
地形性の低気圧でしょうか、小粒の雹も降りました。
 
今日、日中の気温は23℃まで上がり初夏の陽気でした。
 
気持ちの良いGWを迎えられそうです。

「成田~ボストン線(JL007/JL008便)」直行便就航

 
本日、B-787の特徴(中型・長航続距離)を活かした「成田~ボストン線(JL007/JL008便)」直行便が就航しました。
 

 
放水のアーチによる初便(JL008便)のお見送りです。
 

 

 
直行便だと現地時間の正午前に到着します。(従来のシカゴ経由に比べて2~3時間早い)
 
12月からは「成田~サンディエゴ線」の直行便も開設され、ますます米国出張が楽になります。
 
ちなみに、現在発行中のQSLカードは「冬のボストン」(2003年2月撮影)です。

サイクル24は終了?

 
アマチュア無線家にとって大変気になる記事ですね。
 
あちらこちらで言われている様に、昨年の11月辺りがピークだったのでしょうか?

今日は「アースデイ」

 
今日は「アースデイ」(地球の日Earth Day)、地球環境について考える日として提案された記念日です。
 

 
Google記念日ロゴを掲載してお祝いしています。
 
上段から下段へと変わる素敵なアニメーション(実写?)です。

審査終了

 
やっと審査終了になりました。
 

 
1エリアの場合、金曜日に審査が終了して土曜日に免許状が届くケースが多いと思っているのは私だけでしょうか?
 
35年前に最初の免許状が届いたのも土曜日でした。

TS-990が正式発売予告

 
噂のTS-990がやっとKENWOODのホームページで正式に発売予告されました。
 

 
今年のハムフェアが楽しみです。

Hard Rock CAFE HONOLULU

 
ホテルから歩ける距離に「Hard Rock CAFE HONOLULU」があります。
 

 
ハワイらしい店作りです。
 

 
お土産は定番のTシャツです。
 
お約束のスーベニアグラス付きビールと、
 

 
レジェンダリー バーガーとで私の誕生日パーティーです。
 

 
もちろん、デザートにチーズケーキもいただきました。
 
グラス(新品)はしっかりとお土産に持って帰りました。
 

 
素敵な音楽も堪能しました。
 

 
天井には所狭しとギターが...
 
久しぶりにアメリカンの雰囲気を味わいました。

実弾射撃

 
米国では、実弾射撃は合法営業ですがそれなりに危険を伴いますので行かれる時は自己責任でお願いします。
息子が楽しみにしていた実弾射撃です。
 
ワイキキのDFS(免税店)の近くにハワイガンクラブあります。
 

 
ちょっと怪しげなビルの3階にあります。
 

 
初日はCコース(上段・左から三つ目)、二日目はスペシャル・コース(上段・左から四つ目)にしました。
 
ホームページの割引券を持って行くと3割引です。(お店の近くでも配っています)
 

 
ルガー22口径ライフルや、
 

 
44口径マグナム等を撃つことが出来ます。
 
このスプリング・サポーター(正式名称は不明)が無ければ、反動でまず骨折するでしょうね。
 

 
息子がすっかり嵌ってしまったので二回も行ってしまいました。
 

 
片言の日本語ですが、インストラクターの方が親切に教えてくれます。
 
なお、息子にとって空薬莢が今回の旅行の最高のお土産になりました。
 
〔続く〕

やっと審査中

 
2週間経ってやっと「受付処理中」から「審査中」になりました。
 

 
忘れられていなくて良かった!
 
最近は、申請数が少なくなり1週間か2週間に1回位しかアマチュア局の面倒を見ないのですかね?
 
書類1枚の再免許にこれだけ時間が掛かるとはとても思えません。
 
1エリアから0エリアまで1ヵ所で処理する様になれば少しは早くなりますかね?
 
時節柄、業務改善を望みます。

パールハーバー・ツアー(ボーフィン潜水艦博物館)

 
ビジター・センターの隣に「ボーフィン潜水艦博物館」があります。
 

 
本物の潜水艦を探検出来るのでワクワクします。
 
入口で無料の日本語オーディオガイドが借りられます。
 

 
艦橋にはこのボーフィン号が撃沈した艦船の旗がペイントされています。
 
実は、撃沈した旧日本海軍の軍艦は4隻(上部の軍艦旗)で多くは民間の船舶(日章旗)であったことが分かります。
 
その中には国際法で攻撃が禁じられている「学童疎開船・対馬丸」が含まれていて胸が痛みました。
 
また、フランス国旗がありますが、これは旧日本軍が奪取したフランス船籍の貨物船です。
 

 
魚雷発射管も当時のままです。
 

 
乗員(士官6名、兵員60名)はこんな狭い空間で生活していたのですね。
 

 
当時の無線設備です。
 
こんな写真を撮るのはアマチュア無線家以外にはまず居ないでしょうね。
 

 
アンテナはアレーアンテナだそうです。
 

 
息子も大満足でした。
 
さて、帰りにちょっとしたハプニングがありました。
 
閉館時間の17時ちょっと前にバス乗り場に戻ると誰も居ません。
 
もしや最終バスは行ってしまったのかと不安の中で待っていましたが17時丁度にバスが来ました。
(アメリカの習慣で、バスから下りる時に何の注意も無ったので閉館時間前に最終バスが出ることはないと確信していましたが...やはり不安でした)
 
バスが来て安心したのも束の間、このバスはダウンタウンまでは行くがワイキキ行きの接続バスに乗り継げないことが分かりました。(接続バスに乗り継げる最終バスは16時発だったそうです)
 
しかし、そこはアメリカ人の素晴らしい所で、乗客は我々3人しか居なかったので業務無線で連絡を取り、ワイキキ行きのバスに乗れる様に何と行き先を変更してくれました。(日本ではまずあり得ませんね)
 
しかも到着地では係員が誘導してくれてスムーズにバスを乗り継ぐことが出来、無事ホテルに帰れました。
 
〔続く〕

QSOパーティー・ログ提出局発表

 
去る1月2日~3日におこなわれた「2012年(第65回)QSOパーティー」のログ提出局が発表されました。
 

 
当局のコールサインもしっかり掲載されています。
 
前後のJK1FUM局とJK1FVZ局が今年も参加されていたので嬉しかったです。
 
DX(4局)を含め7,906局が参加しましたが、参加者の減少に歯止めが掛かりません。(昨年は8,035局)

アパマン・ハムにとって、年々、20局の壁がますます高くなって来ました。
 
VHF帯以上は10局にするとか条件を緩和していただかないと連続参加記録が来年にも途切れてしまいそうです。

1,000番目の記事

 
気が付けば、これが1,000番目の記事になります。
 

 
ブログを始めておよそ2年10ヵ月、ここまで続けて来られたのも、ひとえに皆様のお陰と感謝しております。
 
今後ともJK1FUPのFollowUPなHAM LOGをよろしくお願いいたします。

受付処理中

 
3月31日に電子申請したJK1FUP(移動局)の再免許ですが、
 

 
2週間経った今日現在でも「受付処理中」です。
 
前回の申請では、「受付処理中」は1~2日で終わり、「審査中」が3~4週間位掛かったと記憶していますが、最近は変わったのでしょうか?
 
システム化している様で手作業の節がある総通のシステムですので、ちょっと心配になって来ました。
 
最近電子申請した方がいらっしゃいましたらコメントをお願いします。

QRZCQ.COM

 
QRZCQ.COMと言う新しいサービスが始まった様です。
 

 
一言で言うと、QRZ.COMClusterTwitterChatMessageContest Calendar等の機能が備わった総合ポータルサイトです。
 

 
好奇心旺盛な私としては、早速、登録して見ました。
 
プロフィールの入力画面は米国を対象にしているのでちょっと戸惑いますが大きな問題はありません。
 
Lisence Class欄を「Amateur First-Class Radio Operator」にすると桁落ちしますので、「Amateur 1st-Class Radio Operator」としました。
 
また、City欄に郵便番号も入れてしまうと上手く表示されます。(例:「Yokohama, Kanagawa 227-0043」)
 
今後、登録者数によってはQRZ.COMを凌ぐポータルサイトに成長する可能性を秘めています。
 
何処の世界も生存競争が激化していますね。HI

パールハーバー・ツアー(太平洋航空博物館・3)

 
格納庫79です。
 

 
ここには、第二次世界大戦後に勃発した朝鮮戦争ベトナム戦争で使用された戦闘機戦闘ヘリコプターが所狭しと展示されています。
 

 
格納庫前にもF-102Aデルタ ダガーを始め多数のジェット戦闘機が展示されて期待が高まります。
 

 
格納庫に入ってまず目に入るのは、朝鮮戦争で対峙したミグ-15F-86Eセイバーです。
以外にミグ-15のコンパクトさに驚きました。
 

 
ベトナム戦争で使用されたAH-1Sコブラを始め多数の戦闘ヘリコプターが展示されています。
 

 
コクピット(UH-1Hイロコイ)は戦闘機マニアの心を擽りますね。
 

 
F-14Dトムキャットや、
 

 
F-15Aイーグルも展示されています。
 

 
まだまだ数多くの展示物がありますがとても全部を紹介しきれません。
 
格納庫37に戻るとフライト・シミュレーターがあります。
 

 
HPから無料体験クーポンを印刷して持って行くと無料で楽しめます。
通常は25分間(10ドル)ですが無料体験クーポンの場合は15分間です。
 

 
機体はP-38ライトニングで、標的は零戦でした。(笑)
 
3時間位掛けてじっくり楽しんで来ました。
大満足です。

入学式

 
今日は息子の入学式でした。
 
私達も夫婦で列席しました。
 

 
スーツ姿の息子を見て、改めて我が子の成長に驚きました。
 

 
また、壇上に上がった我が子の姿を見て数十年前の自分を思い出し、しばし感慨に耽っていました。
 

 
入学式の後は南国酒家でランチ、昨年から続いた、入試、卒業旅行、入学準備と言った慌ただしい日々がやっと一段落しました。
FC2カウンター
LOG SEARCH
プロフィール

JK1FUP

Author:JK1FUP
1977年に144MHzで開局。
2000年頃からしばらくQRTしていましたが、1アマ取得(2007年)を機に再開。
RIGの準備からANTの設営まで、一からの再スタートでした。
N6NYでもQRV。 2009年11月に初の海外運用をサイパンで敢行、すっかり嵌ってしまいました。

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: