開花宣言

 
今日、東京に桜の開花宣言が出ました。
 

 
東京の開花は平年並みで、昨年よりは6日遅いそうです。
 
今週末は満開が期待出来そうです。
 
今年の冬は厳しかったし、東日本大震災もあったし、こんなに春が待ち遠しかったことは記憶にありません。
 
桜の開花宣言を境に、当ブログは通常の記事編成に戻りたいと思います。
スポンサーサイト

原発の正確な知識

 
原発の正確なことが書かれているブログを見つけました。
 
 
今、福島原子力発電所で何が起きているか、今後、最悪の場合に何が起こる恐れが有るのか等が解ります。
 
断片的な情報では無く、ある程度まとまった情報なので説得力が有り、正に「目から鱗」でした。
 
この様に正確でまとまった情報がマスコミにより報道されないこと自体に大きな問題が有る様な気がします。
 
断片的な情報から生じる誤った憶測による無用な混乱に振り回されているだけだと思いました。

余震

 
今日の夕方、周期の長い横揺れの強い余震が有りました。
 
慣れて来たとは言え、この揺れは気持ちの悪いものです。
 
一日も早く、落ち着いた生活を取り戻したいものです。

誕生日

 
明日(3月22日)は私の○○回目の誕生日です。
 
明日は通常勤務なので、今日のお昼に一日早い誕生祝を催して貰えました。
 
こんな時期なので、ささやかなケーキと料理でしたが、今迄以上に、無事に生きていられる幸せをしみじみ感じる誕生祝でした。
 
皆で頑張って、一日も早く日本を元気な国に戻しましょう!

鉄壁の固め

 
弊社の本社ビルは海岸の近くに建っているので防潮壁を備えています。
 

 
普段は歩道の一部ですが、イザと言う時にはこの様に防潮壁を立ち上げて浸水被害を防ぐ仕掛けになっています。 (3月11日夕方の写真です)
 
実際に見るのは初めてでしたが、正に鉄壁の固めです。

今週は疲れました

 
この度の東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
 
今週は計画停電に振り回されて、少々疲れました。
 
3月14日(月)出社間際に全社一斉休業の連絡あり、終日自宅待機
3月15日(火)小田急線が不通のため、東京地区(品川区大崎)に出社、15時で退社指示
3月16日(水)全社一斉休業、終日自宅待機
3月17日(木)計画停電の影響で10時出社・14時30分退社指示
3月18日(金)やっと平常勤務、計画終電が予定されているので18時で退社
 
来週は暖かくなりそうなので、計画停電が行われない日が増えそうです。
 
我が家は第5グループですが、未だ1度も停電していません。
来週停電する確率が高くなって来ました。
 
皆さん、頑張ってこの難局を乗り越えましょう。

自宅待機

 
本日、弊社の本社と関東地方にある事業所は一斉休業し、社員全員が自宅待機になりました。
 
もちろん、休みではないので自宅で仕事をしていました。
 
不安定な公共交通機関の影響で出社出来ない社員も多く、また、計画停電で業務がブツ切れになっています。
特に半導体関連はクリーン・ルームがあるので、計画停電が終わるまではまともな業務が出来ません。
会社の業務効率は著しく低下しています。
社屋は社員がいるだけで照明、空調、エレベーター、IT機器等で結構な電気エネルギーを消費します。
思い切って、社員全員を自宅待機にした方がある意味で社会貢献になるかと思います。
 
公共交通機関が正常化して来ましたので、明日からは通常業務に戻ります。

米が無い!玉子が無い!

 
今日、会社の帰りに近くのスーパー・マーケットに寄って来ました。
 
計画停電の影響で午後4時開店・午後9時閉店でした。
 
テレビで知ってはいましたが、お米が有りません。
 

 
玉子も有りません。
 

 
他にもカップ麺やパン類が売り切れ寸前でした。
 
お米は店員さんがタイミング良く並べ始めたので、何とか2kgをゲット出来ました。
 
他にもお餅を1kg、カップ麺3個等、日持ちのする保存食品を必要最小限ゲットしました。
 
「お一人様○○限り」の限定販売ですが特に混乱はありませんでした。
 
それから、放射能吸入防止のためにマスクを調達しました。
 
これも売り切れ寸前でした。
 
テレビ報道は不安を掻き立てる内容ばかりで、皆さんの気持ちは分かりますが品物は潤沢にある筈です。
 
不急・不要の極端な買いだめは止めましょう!

今日は停電せず

 
私が住んでいる地域は、第5グループ(計画停電時間:15:20~19:00)ですが本日は停電しない様です。
 
電力需要が予想より少なかったそうですが、それでも茨城県と静岡県の一部の地域が計画停電を実施した様です。
 
本日、私の勤めている会社(事業所)は節電に協力して全館停電を行ったため、社員は自宅待機になりました。
 
明日からオフィスが再開します。
 
同じ様な対応をした会社が多かったと思いますので、明日の電力需要の増加が心配です。
 
引き続き、個人的にも節電に協力して行きたいと思います。

計画停電開始

 
東北地方太平洋沖地震の影響で原子力発電所が運転停止に陥ったことによる電力の供給不足に対応するため、明日(3/14)から4月末頃まで計画停電(輪番停電)が始まります。
 
東京電力管内を5ブロックに分け、6時20分から22時まで約3時間ごとに順次停電する様です。
 
我が家には、防災備品として数年前に購入した「手回し発電機付ラジオ・ライト」が有ります。
 
これを有事で使うことになるとは思ってもいませんでしたが現実のものになってしまいました。
 
明日は懐中電灯や電池が品薄になり購入出来ないかも知れません。
 
普段からの備えが重要だと改めて痛感しました。
 
私の住んでいる地区は第5グループ(15:20~19:00)の様です。
 
確認しようにも、東京電力のホームページはアクセスが集中して閲覧出来ません。
 
具体的な停電のイメージは良く分かりませんが、多分、電車は動くと思いますが街中は真っ暗になるのでしょうね。
 
そうだとすれば、暗くなる前に家に帰らなくてはなりません。
 
まるで戒厳令の様です。
 
また、マンションの場合、揚水に電動ポンプを使っているので「停電=断水」でトイレが使えなくなります。
 
エレベーターも動かなくなるので本当に電力はマンションの生命線です。(閉じ込められない様に注意が必要です)
 
一日も早い電力供給能力の回復を願って止みません。

硬い岩盤

 
今回の巨大地震で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
 
昨日、会社は大揺れで、オフィスは書類のバインダーが散乱したり、漏水したり、建物の屋上に設置されていた避雷針が約45度に傾いたりしました。
 
さぞかし我が家も悲惨な状態になっているだろうと憂鬱な気持ちでお昼頃に帰宅しました。
 
予想に反して、家具類の被害は全く無く、山積みにした新聞や雑誌が散乱した程度で済みました。
 
我が家の近辺はデータ・センターを建設するのに適した硬い岩盤地帯です。
 
家人の話では震度1~2程度の揺れで、その後、テレビを見て地震の大きさに驚いたそうです。
 
岩盤のことはこのマンションの売り文句としてパンフレットに書かれていましたが、これ程とは思いませんでした。

帰宅難民

 
いやぁ~、凄い地震でしたね。
 
こんな激しい揺れは初めて経験しました。
 
皆さん、大丈夫でしたか?
 
私は無事ですが、公共交通機関が止まっているので帰宅難民です。
 
とても歩いて帰れる距離ではないので、公共交通機関が動き出さない限り、会社に宿泊となりそうです。

Facebookに嵌るかも

 
先週末、Facebookで友達が急増しました。
 

 
誰か友達を一人見つけると、その人の友達リストから自分と共通の友達を見つけ出すことが出来ます。
 
その繰り返しでアッと言う間に友達が増えました。
 
中には10年ぶりや20年ぶりの友達がいて、写真を見て思わずウルウルしてしまいました。
 
実名を使うが故に拡がる友人の輪。
 
これは嵌ってしまうかも...

Windows 7 SP1

 
Windows 7 SP1にアップデートしました。
 

 
ダウンロード後、約40分でアップデートが完了します。
 
アップデートの最後で数回再起動する必要がありますが、それまでは普通に使えます。
 
何かが変わるかと期待していましたが、特に変わった所は見受けられませんでした。

ジャンボ機内で同窓会

 
仕事の関係で、成田<->サンフランシスコ線は最も多く搭乗した路線です。
 

 
この路線を利用している同じ業界の知人は多いとは言え、広い空港内でバッタリと出会うことは稀ですが私は良く出会っていました。
 
出発ロビーのカウンターでマイルを使ってアップグレードをお願いし、それがキャンセル待ちの場合、運良くキャンセルが出ると搭乗開始間際にカウンターからロビー・アナウンスされます。
 
Passenger Mr. XXXX, Please come to GATE XX.
 
私の苗字は比較的少ないので、このコールを聞いた知人が、ひょっとしたら私かと思ってカウンターに駆け付けてくれるのです。
 
まるで、「本日は○○さんがご搭乗です。 お知り合いの方はゲートまでお越し下さい。」と言っている様に聞こえます。
 
カウンターでバッタリ出会うと、搭乗した機内では同窓会になり、お酒を呑みながら楽しく旧交を温めたものです。
 
その逆もあり、私もロビー・アナウンスを耳を澄ませて聞いていました。
 
1990年代、私も知人も仕事で頻繁に海外へ渡航していた頃のエピソードです。

Jリーグ開幕

 
Jリーグが開幕しました。
 
asahi.com記念日ロゴを掲載してお祝いしています。
 

 
月末にはプロ野球も開幕し、いよいよ春本番を迎えます。
 
冬が厳しかった分だけ春が待ち遠しいですね。

ひかりoneの代替はどうしよう

 
現在、インターネットの接続にKDDIのひかりone(旧TEPCOひかり)を使っていますが、このサービスが2011年9月30日で終了してしまいます。
 

 
ひかりoneの後継サービスにauひかりがありますが、当マンションに導入(設備更新)される予定は無い様です。
 
代替手段として、既設のNTTのBフレッツを検討したのですが、接続出来る端末台数が5台に制限されているのでちょっと難しいし、これも古い技術なのでいつまでサービスが続くのか不透明です。
 
今時、PCとゲーム機と地デジを家族の人数分接続すると5台以上になってしまいます。
 
Bフレッツの後継にフレッツ光ネクスト(接続台数無制限)がありますが、当マンションへの導入計画は不明です。
 
このままでは、光回線(100M)を諦めてCATV回線(同程度の料金なら30M)に戻すしか手が無いのかと思案中です。
 
経済的に成り立たない事情は理解出来ますが、これではユーザが困り果ててしまいます。
 
KDDIが当マンションから撤退するので、その分の契約者増を見込んでNTTがフレッツ光ネクストを導入(設備更新)してくれることを期待しています。

今日はひな祭り

 
今日はひな祭りです。
 
Googleも、
 

 
asahi.comも、
 

 
記念日ロゴを掲載してお祝いしています。
 
私もお昼のデザートに桜餅をいただきました。

戒厳令下のジャンボ・デビュー

 
昨日に続いてジャンボに纏わるエピソードです。
 

 
若かった頃(1970年代前半)、初めて行った海外出張は韓国・ソウルでした。
 
羽田国際空港(HNDではなくTYO)からキャセイパシフィック航空のB-707でソウル金浦国際空港へ飛びました。 B-707に乗ったのはこれが最初で最後でした。
 
金浦国際空港に近付くとCAの皆さんが「サン・シェイドを全て上げて下さい。」と機内を巡回し始めます。
聞くと「規則により、サン・シェイドが閉まっていると銃撃されてしまう。」とのことでした。
着陸して窓から恐る恐る滑走路脇を見ると塹壕に備えられた高射砲がこちらに砲口を向けていました。
平和な日本しか知らなかった私は緊張に震えたことを覚えています。
 
初めて体験した戒厳令下のソウルの夜もまた緊張の連続です。
お酒を飲んでいても外出禁止時間が近付くと皆がいそいそと帰宅し、戒厳令が始まると外には誰も居ません。
ホテルの窓から外を見るとサイレンを鳴らしたパトロールカーが市内を走り廻っているだけです。
 
当時、北朝鮮と休戦状態だったソウルでは日中に定期的な空襲避難訓練も有りました。
サイレンが鳴ると皆が一斉に地下鉄や地下シェルターに避難します。
 
そんな怖い体験をしながら仕事を終え、帰国の時に乗ったのがJALのB-747LR(多分)でした。
エコノミー・クラスの予約が取れず、出張先のご厚意でファースト・クラスの予約を取って貰いました。
何んとジャンボ・デビューがファースト・クラスと言う恵まれたデビューでした。
 
当時のJALのB-747LRの二階席はファースト・クラスのラウンジのみと言う贅沢な機体でした。
その後、ジャンボと40年近くも付き合うことになるとは当時想像すら出来ませんでした。
 
ソウルの目抜き通りを既に日本では見かけなくなった「ダイハツ・ミゼット」が走り回っていた頃の話です。

さらば鶴丸ジャンボ

 
本日(3/1)、JALのジャンボがラストフライトを終え退役しました。
 
また、昨日(2/28)から新生「鶴丸」が世界の空に復活しました。
 

 
以下は、私と鶴丸ジャンボとの忘れられない一つのエピソードです。
 
若い頃、仕事でサンフランシスコ地区に長期間滞在していた時の話です。
まだまだ海外旅行が一般的でなかった時代の話です。
 
意気揚々と夢を抱いて行ったアメリカですが、慣れない習慣、慣れない英語、慣れない食事で精神的にまいってしまいホームシックになりかかっていた頃、国道101号線をパロアルトからサンノゼに向かってドライブしていた時、サンフランシスコ国際空港に着陸するためにゆっくり降下して来たJALの鶴丸ジャンボの尾翼が目に入りました。
 
その大きな機体が自分を守ってくれる親の姿に見え、思わず涙が溢れ出したのと同時に勇気付けられました。
ここはJALが毎日飛んで来てくれる所、決して一人ぼっちではない、帰ろうと思えば何時でも帰れる所じゃないか、そう思うと気が楽になり精神的に立ち直りました。
 
今考えると、あの時に鶴丸ジャンボを見なかったらその後の人生が変わってしまったのではないかと思います。
二度と海外で仕事をしようと思わなくなったかも知れません。
その意味では私の人生の恩人と言っても決して過言ではありません。
今でも鶴丸を見ると何んとなく心の安らぎを感じます。
 
長い間、私の夢と想いを運んでくれたジャンボに「ありがとう、お疲れ様」と声を掛けたい気持ちでいっぱいです。
FC2カウンター
LOG SEARCH
プロフィール

JK1FUP

Author:JK1FUP
1977年に144MHzで開局。
2000年頃からしばらくQRTしていましたが、1アマ取得(2007年)を機に再開。
RIGの準備からANTの設営まで、一からの再スタートでした。
N6NYでもQRV。 2009年11月に初の海外運用をサイパンで敢行、すっかり嵌ってしまいました。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: