JARLからQSLカード到着

4月27日、JARLから4月末発送分のQSLカードが届きました。
 


初めて、佐川急便のEXPRESS BAGで届きました。
今回のQSLカードは約200枚で、その多くはN6NY/NH0の第二陣でした。
 
こちらからJARLに発送したN6NY/NH0QSLカードは皆さんのお手元に届きましたかね?
QSLカードの受取枚数から考えるとチョット心配です。
 
JARLには引き続きQSLカード転送のスピードアップをお願いしたいですね。

所で、一年間の正会員(又は転送会員)の場合、6回分(一年分)の転送を受けられるのでしょうか?
それとも会員になった日から一年後に転送が終わってしまうのでしょうか?
もしそうだとすれば、現状を考えると一年分の会費で半年位しか転送を受けられないのでは悲し過ぎますね。

〔追記〕各局のブログを拝見すると、N6NY/NH0QSLカードが届き始めた様です。(5/1)
スポンサーサイト

黄金週間

ゴールデンウイークが始まりました。
今年はお天気に恵まれそうですね。



Yahoo!記念日ロゴゴールデンウイーク・モードです。
(可愛いアニメーションになっています)

既にあちらこちらの高速道路で渋滞が始まっています。
道路交通情報を見ると、特に東京湾アクアラインの木更津方向の混雑がひどい様です。



私は今日から5月9日迄の11連休の予定です。
毎年、遠くへは出掛けずに近場で済ませたり、家でゆっくり過ごしています。

アマチュア無線関連では、懸案のEHアンテナを上げたり、APRSで遊んだり、QSLの発行や整理をしたり、ホームページを更新したりする予定です。

時間を無駄に過ごす」ことが「至高の贅沢」かと思います。



歌舞伎座これにて千秋楽

建て替えのために今月でクローズする東京・東銀座の歌舞伎座
4月興行「御名残四月大歌舞伎」が本日、千秋楽を迎え、60年の歴史に幕を閉じます。

その昔、着物姿でうれしそうに歌舞伎座へ行った母の姿を思い出します。



asahi.com記念日ロゴで名残を惜しんでいます。

私は歌舞伎座の前を何度も通りましたが、ついに一度も入らない内にクローズになってしまいました。
いつまでも有ると思ってはいけないのですね。
 (教訓)

なお、新しい歌舞伎座は2013年春、同じ場所でオープンを予定しているそうです。

CQ誌5月号

遅くなりましたが、やっとCQ誌5月号を見ることが出来ました。



付録の「海外運用ガイド」は深く突っ込んだ内容ではありませんでしたが、色々と参考になりました。

そろそろ、今秋の海外遠征計画を具体化しなければと思いました。

KH2(グアム)かT88(パラオ)かと思っていましたが、9M6(東マレーシア)も面白そうですね。

RIGアンテナを持ち込む必要が無いレンタルシャックが手軽で良いですね。(笑)

JIDXコンテスト結果発表延期

昨年11月に行われたJIDXコンテスト(PHONE)の結果発表ですが、4月中旬から5月末に延期になりました。



ちょっと期待していただけに残念です。

あと一ヶ月待ちましょう。

ALL JAコンテスト終了

ALL JAコンテストが終了しました。



4月25日(日)の昼間のみ、電話シングルオペ50MHzバンドにエントリーし、44局8マルチ352ポイントでした。 (ちなみに昨年も同じ部門にエントリーし、40局8マルチ320ポイントでした)
Esが出なかったのでマルチは、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、山梨、静岡の近県に止まりました。
なお、RIGFT-817(5W)、アンテナは12mHのダイポールでした。 (これも昨年と同じ)

ブログ関係では、8N1TDUJN1NDYJF1UCV/1各局とナンバー交換が出来ました。 TNX

今回は、Ctestwinの習熟を兼ねてのエントリーでしたが、結構、使い易いコンテストログだと思いました。
コンテスト後の処理も楽で、既に、JARLに電子ログを提出し、HAMLOGへのマージも完了しました。
今後、コンテストはこれを使います。

ハッブル宇宙望遠鏡

今日はハッブル宇宙望遠鏡打ち上げ20周年です。

Google記念日ロゴでお祝いしています。



もう20年ですか、早いものですね。
数々の素晴らしい天文写真を提供してくれて、本当にありがとうございます。

ハッブル宇宙望遠鏡は地上約600km上空の軌道上を周回する長さ13.1メートル、重さ11トンの筒型で、内側に主鏡直径2.4メートルの反射望遠鏡を収めています。

スペースシャトルを使って過去5回の修理を行ったことで想定運用期間15年を超えましたが、修理するよりも新しい物を製作して打ち上げた方が、安上がりだったとの声も少なくない様です。

ALL JAに小学生YLが出場か?

本日行われるALL JAコンテス小学生YLが出場する予定です。

CQ誌1月号の「ハムハムちゃん」に登場した佐藤優希音ちゃん(小学5年生)です。

個人コールではなく、お父さんが所属する職域クラブ局・JR1YYT/1(千葉県柏市移動)で運用します。



                (2009年度・ALL JA参加記念QSLカード)

何分、ニューカマーですので聞こえていましたら、優しくコールしてあげて下さい。

今後、FCCライセンスにも挑戦する予定とのことです。
 
〔この記事は転載可です〕
 
〔訂正〕 CQ誌1月号に登場した時点で小学5年生でしたので、ALL JAコンテスト時点では小学6年生でした。

北京モーターショー開幕

北京モーターショーが開幕しました。
 
昨年行われた東京モーターショーに出展を見送ったGMフォードクライスラーの米ビッグ3や欧州大手も出展しています。 もちろん、各社の首脳もこぞって北京入りしています。
 
ジャパン・バッシング(日本たたき)やジャパン・パッシング(日本外し)どころか、ジャパン・ディッシング(日本切り捨て)の様相がより鮮明になって来ました。
 
鳩山政権は、優先順位を考えてしっかり日本の舵取りを行わないと取り返しのつかない事態に陥る恐れがあります。
 
それが出来ないのなら、手遅れにならない内に一刻も早く退陣すべきでしょう。
(退陣後、誰がしっかり舵を取れるのかと言う問題はありますが...)
 
戦後、ひたすら高度成長を続けて来た日本が初めて大きな転換期に差し掛かっていると言う「危機感」と「緊張感」を持って対応して欲しいものです。
 
何となく100年前の「いつか来た道」を辿り始めていると思うのは私だけでしょうか?

今日はアースデイ

今日は「アースデイ」です。

Google



asahi.com



記念日ロゴを掲載しています。

アースデイ(別名:地球の日、英: Earth Day)は、地球環境について考える日として提案されました。

現在、2種類のアースデイが存在しています。

4月22日のアースデイ:アメリカ合衆国上院議員のゲイロード・ネルソン氏が1970年4月22日に、環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけたことにちなんでいます。

国際連合のアースデイ:国際連合が1970年に制定しました。 こちらは3月21日です。
毎年、この日には国連本部にある「日本の平和の鐘」が鳴らされるそうです。

Esシーズン到来?

この所、ブログ各局から50MHzEs発生がしばしば報告される様になりました。



この時間、国分寺では強いEsが発生しています。(朝方は日本中でEsが発生していました)

なお、このEs情報はここで見ることが出来ます。

昨年はEsの発生が少なかった50MHzですが、今週末のALL JAコンテストが楽しみです。

今週末はALL JAコンテスト

来る4月24日21:00~25日21:00に行われるALL JAコンテストですが、4月25日の10:00~16:00に50MHz・SSBでエントリーする予定です。
 

 
アンテナはその日の風速次第ですが、風速5m/s以下なら2エレHB9CV、それ以上ならDPを上げ、RIGFT-857M(50W)を使用する予定です。
 

 
なお、風速が10m/s以上の場合は室内からFT-817(5W)+付属ホイップになります。
 
皆さん、聞こえていましたらナンバー交換をよろしくお願いします。

火山灰

4月14日にアイスランドの火山噴火で放出された火山灰が欧州の航空機運航に深刻な影響を与えている様です。 (弊社も欧州への輸出貨物が滞って来て影響を受け始めました)
 
火山灰がどうしてその様な影響を与えるのか調べてみました。
 
灰と言うと木や紙などを燃やして出来る灰を想像しますが、火山灰は成分も性質も全く異なり、マグマが発泡して出来る「火山ガラス」、「鉱物結晶」や「古い岩石の破片」で直径2mm以下の物を言うそうです。
 

 
ジェットエンジンに吸い込まれた火山灰の粒子は、エンジン内部で溶解・ガラス質化して堆積し、推力を低下させ、最悪の場合、エンジンが停止する可能性もあそうです。
 
また、コクピットの窓ガラスがすりガラス状になることも知られています。
 
津波の「」もそうですが、言葉の持つイメージは誤った理解の基になるので要注意ですね。

整備士と地上職員は非常駐

4月16日から就航したスカイマークの神戸-茨城線ですが、経費削減のために茨城空港内に事務所を置かず、整備士が整備機材と共に神戸からの便に乗って来て、茨城空港到着後に機体整備業務に当ります。
また、同便の乗務員がチェックイン業務等の地上業務にも当り、それぞれの業務終了後、折り返し便で神戸に戻ります。
 

 
一日一便のために事務所を置いて整備士地上職員を常駐させるのは経済的に非効率なのは理解出来ますが、業務改善勧告を受けたばかりの同社ですのでチョット心配です。
国土交通省もギリギリの4月15日に許可しました。
 
案の定、初日はチェックイン業務に手間取り長蛇の列、離陸が約40分遅れた様です。

【速報】JARL理事選挙結果

先程、JARL理事選挙の開票結果が報じられました。
 

 
JG1KTC(高尾義則氏)がJA1AN(原昌三氏)を抑え、トップ当選(再選)しました。
また、JA1ELY(草野利一氏)とJH1XUP(前田吉實氏)が新たに理事になりました。
JARLに新しい息吹を吹き込んでくれることを期待します。
 
地方選出理事、評議員選挙の結果は、ここをご覧下さい。

APRSデビュー

APRSのテスト運用を行いました。
 

 
ご覧の通り、上手く行った様です。
 
GPSは室内で測定すると結構誤差が出ますね。
最初、alt(高度)がマイナスに表示されて驚いてしまいました。
 
これから色々と試して見ます。

シールが届いた

今朝、関東総合通信局に電話で確認を入れましたが、入れ違いに今日の夕方、赤いシール(無線局免許証票)が届きました。(汗)

同封されていた免許状の日付は審査完了日の4月12日でしたが、封筒の消印は4月15日18-24時でした。
何らかの事情で投函が3日間遅れたものと思われます。

今迄は審査完了日の18-24時に投函されていましたの翌日には届いていました。

今朝、電話の応対をしてくれた人の話では、「返信用封筒が開設の方に紛れているかも知れないので調べて送ります」とのことでした。 その後、特に電話は無かったので、新たに免許状を再発行して無線局免許証票と一緒に再度送ってくれるのでしょうか?

また、その人の話では、免許状の記載事項に変更が無くても免許状を送付すると言っていましたが、事実、免許状が同封されていました。
同一内容の変更申請をした沖縄総合通信事務所は無線局免許証票だけの送付でした。

関東総合通信局の場合、どうも申請種別で管理している様なので、返信用封筒に「申請種別」と「電子申請番号」を書いておいた方が良い様です。

   例: 電子申請番号が「E09-0000123456-D」なら「変E9-123456

以上、昨日の記事の顛末でした。


シールが来な~い!

4月12日に変更申請の審査が完了しましたが、今日現在、SASEは送付済ですが赤いシール(無線局免許証票)が郵送されて来ません。 通常なら審査完了の翌日には郵便物が届きます。
明日、関東総合通信局に電話で確認して見ます。

今回は送信機の増設ではなく取替(撤去+増設)でしたが、この場合でも無線局免許証票が交付されると言う理解で良いんですよね。

取替の場合、「シールを剥がして再使用して下さい」とあっけらかんに言われてしまうかも知れませんね。

無線局免許証票の有無は、無線機を常置場所から持ち出す時に無線局免許状の携帯を省略出来るかどうかだけの問題なので、審査が完了している以上、これが無いと運用出来ないと言うことではないので気は楽ですが... (3VA 145MHz/435MHz 50Wは既に免許されています)

ARRLのWEBサイトがリニューアル

ARRLのWEBサイトが4月13日(現地時間)にリニューアルされました。



リニューアルに2年以上の期間が掛かったそうです。
その甲斐あって、全般的に画像が増えて記事が見易くなった感じがします。
始めの内は、バンドプランなど今まで良く見ていたページを探すのに苦労しそうですが直ぐに慣れるでしょう。

トップページに載っている

  ARRL is Public Service
  ARRL is Advocacy
  ARRL is Education
  ARRL is Technology
  ARRL is Membership

の五つの標語が大変気に入りました。

「審査中」から「審査終了」へ

3月28日に電子申請した無線局の変更申請が、昨日(4/12)、「審査」から「審査終了」に変りました。



明日には赤いシール(無線局免許証票)が郵送されて来ると思います。
これでやっとAPRSを運用することが出来ます。

去年の今頃にも変更申請を行いましたので、その経過を比べて見ると、

  昨年: 電子申請(3/26)→審査終了(4/21)
  今年: 電子申請(3/28)→審査終了(4/12)

昨年より審査期間が11日も早くなっています。(約半分)

免許事務処理の効率がアップしたのか、それとも申請数が減って自ずと早くなったのか。
多分、後者でしょうね。(苦笑)

今週末には「TXPO」ボタンを押せそうです。
コールサインは JK1FUP-7 です。
FC2カウンター
LOG SEARCH
プロフィール

JK1FUP

Author:JK1FUP
1977年に144MHzで開局。
2000年頃からしばらくQRTしていましたが、1アマ取得(2007年)を機に再開。
RIGの準備からANTの設営まで、一からの再スタートでした。
N6NYでもQRV。 2009年11月に初の海外運用をサイパンで敢行、すっかり嵌ってしまいました。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: