今日はシューベルトの誕生日

今日はフランツ・ペーター・シューベルト (Franz Peter Schubert、1797-1828)の誕生日です。




歌曲の王」と呼ばれるのに相応しい風格ですね。

満31歳での突然の死去、未完成の作品が多い理由が分かります。

昨年の12月16日にベートーベンの誕生日、1月27日にモーツァルトの誕生日の記事を書きましたが、本当に有名な作曲家の誕生日は寒い冬が多いでね。
スポンサーサイト

緊急体制解除(ハイチ大地震)

ARRLのホームページによると、ハイチ大地震でIARU Region 2より要請のあった緊急体制は1月24日に解除されています。

なお、救援募金は2月12日迄行われています。

ANAの国内線がコスト削減

本年度の第3四半期決算で赤字に転落したANAですが、国内線のコスト削減のために普通席で提供される無料の飲み物は日本茶に限定される様です。 




全日本空輸は29日、国内線普通席で利用客に無料で提供する飲み物を大幅に減らし、4月1日からは水、日本茶に限定すると発表した。現在は無料で出しているジュースやコーヒー、スープは、商品内容を見直して有料化する。

価格競争が激化して業績が厳しい中で、コスト削減を進める。企業再生支援機構の支援を受けて経営再建を目指す日本航空も、無料で提供する飲み物の絞り込みを検討するという。

全日空が4月以降に国内線で有料で提供するのは、みかんジュース500円、ダージリンティー300円、オニオングラタンスープ500円など。「スターバックス コーヒー」も用意するが、価格は未定。

それにしても高いですね。
JRの車内販売価格並にならないものでしょうか?

この分で行くと、国際線の機内食の有料化も近いかも知れませんね。(苦笑)

また、3月末で一部のANAカウンターの営業が終了になります。

ライバルは「昨日の自分」

ネットサーフィンをしていて、印象に残る言葉に出会いました。

  「昨日の自分」をライバルに!

うまくいっている他人に嫉妬しても疲れるだけで何も生み出しません。
それよりも、昨日の自分をライバルにして着実に成長する方が良いと言う考え方です。

これを見て、ふっと思ったのはBBOさんCW講座です。
当面、CWの上手な皆さんをライバルにするより、「昨日の自分」をライバルにして、一歩一歩上達して行きたいと思いました。

そう考えると気が楽になりました。(笑)

今日は火星が最接近

今日は火星が地球に最接近します。




地球から9,800万km圏内を通過するので、望遠鏡があれば火星の表面を十分観測出来ます。

関東地方は生憎の天気ですが、夜半には回復する予報が出ています。

また、1月29日に火星は衝(しょう)の位置に入り、ちょうど太陽が西に沈むころに火星が東の空から昇るため、火星を一晩中見ることが出来ます。 衝になると、火星は地球から見て太陽と正反対の位置に来るので、太陽系を上から見ると、太陽と地球と火星が一直線上に並ぶことになります。 衝の夜には火星は満月のすぐそばに見え、寄り添いながら夜空を横切る姿がこの天体ショーに華を添えます。

それでは、今宵の天体ショーをお楽しみ下さい。

今回の様に火星の観測に適した機会が次に訪れるのは2014年だそうです。

Good Luck!

今日はモーツァルトの誕生日

今日はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (Wolfgang Amadeus Mozart、1756-1791)の誕生日です。




今日は早く帰宅する予定なので、録画したままになっている映画「アマデウス」でも観ようかと思っています。
こう言うきっかけが無いと中々観る気が湧きません。(笑)

昨年の12月16日にベートーベンの誕生日の記事を書きましたが、なぜか有名な作曲家の誕生日は寒い冬が多いでね。

UPSに助けられました

昨晩、電力を使い過ぎてブレーカーが落ちてしまいました。

一昨年、夏場の雷雨で停電が頻発し酷い目に合った教訓を活かして導入したUPS(無停電電源装置)が功を奏しました。




導入したのは、オムロンBZ-50Tです。
小型・軽量(約3.2Kg)の優れもので、確か、12,000円位でした。
デスクトップPCとモニターと外付HDD(通常は電源オフ)を接続していますが、3分位は大丈夫だと思います。
カタログによると、300W使用時で3分200W使用時で6分100W使用時で19分となっています。

昨年は一回も停電が無かったので活躍の場が無かったのですが、今回の停電でしっかり働きました。
やはり、いざと言う時に備えて、UPSを導入して置いた方が安心ですね。(笑)

ノートPCは、それ自体がUPS付きの様なものですから、何も心配要りません。

CQ誌1月号の記事

ちょっと古い話で恐縮ですが、CQ誌1月号(先月号)のQSLインフォメーションQSL Managers欄に

  N6NY/NHO JK1FUP

が載っているのを、遅まきながら昨日(1/24)発見しました。

CQ誌等の雑誌でコールサインが活字になったのは、多分、これが初めてだと思います。
ちょっぴり嬉しくなりました。

CQ誌3月号4月号QSLカードも掲載されるといいな~。
でも、QSLカードが編集者に届くのはもっと先になるかな?

ステッカーが来ました

先週、QSOパーティーのステッカー(参加証)が来ました。




同封されていたメモを見ると、




今年のステッカーを「PARTY」のNに貼る様に書いてありますが、「PARTY」にNはありません。

昨年の文章を流用したのかな?
でも、誰も間違いに気が付かないと言うのは組織としては変ですね。
チェック機能が全く無い様に思えます。

終身会員問題を抱えているJARLは、もう少し、しっかりして欲しいものです。(苦笑)

訪問者数激増

このブログの訪問者数が1万人を超えたのが昨年の12月22日でした。

その1ヵ月後の昨日(1月22日)迄の訪問者数は、13,000人を超えました。




年末年始休暇があったにせよ、1ヵ月に3,000人は今迄にない新記録で、そのハイペースに驚いています。

ご訪問していただいた皆様に満足していただける記事を書かなければと言うプレッシャーが掛って来ますが、それはそれで精進するにせよ、当面はマイペースで進めさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 HI

茨城空港・余談

昨日、茨城空港の記事を載せましたがその余談です。

茨城空港が実際にどんな感じかGoogleマップの航空写真を見てみたら、何故か空港の周辺だけ雲がかかっていました。




自衛隊の施設なのでGoogleが気を使ったのですかね?
それとも単なる偶然でしょうか?

航空写真には新滑走路ターミナルの姿はまだありません。
単なる更新のズレとは思いますが、雲の件はちょっと気になりました。

念のため、横田基地や厚木基地の航空写真も見てみましたが、そちらの方は特に異状はありませんでした。

考え過ぎだったかも知れませんね。

P. S. 空港の近くに大きな養鶏場がありますが、臭気対策は大丈夫なのかと余計な心配をしています。
    国際空港は何と言っても日本の玄関ですからね。

茨城空港

JALの法的整理の後は、乱立した地方空港の整理でしょうか?

そんな中、3月11日に茨城空港が開港します。




現在、開港時に就航が決定している定期便はアシアナ航空のソウル線(1日1往復)だけで、国内線定期便の就航予定は無いそうです。

開港当初、年間81万人の利用者を想定していますが、チャーター便等で頑張っても10万人程度でしょうか?

結局、ここにも税金が使われるのかと思うと釈然としません。

ホームページを見ると、「自走式による航空機運用」等でローコスト空港を目指している様ですが、果たしてどれだけ魅力的なのでしょうか?




ボーディングブリッジを使わなければ、自然にプッシュバックの要らない航空機運用は出来ますよね。

入出国管理官や検疫・税関職員は常駐するのでしょうか?
それとも、ソウル便の発着に合わせて成田空港から出張して来るのでしょうか?(笑)
空港管制は自衛隊が共用するので目をつぶったとしても、ローコストどころかとてつもないハイコストが想像出来ます。

また、売店とレストランも出店する様ですが結果は容易に想像出来ます。

ちなみに、茨城空港の3レターコードは「IBR」、4レターコードは「RJAH」です。

TH-K4故障

KENWOODTH-K4(430MHz・FMハンディー)が故障しました。




しばらく寒い日が続いたのが原因かも知れません。

現象は、ACアダプターをつないてもパワーオンが出来ません。(充電も出来ません)
また、ACアダプターをつないだだけで、パワーオン時に表示されるメッセージ(コールサインを設定)が薄っすらと表示されます。
仮にCPU回りがトラブっていたとしても充電位は出来ても良さそうですが、充電もCPU制御なんですかね?

週末にチェックして見ますが、本体が故障の様なら修理せずにVX-8Dを購入するのも手かなと思います。

最近のKENWOOD製品の品質は良くないですね。(苦笑)
このTH-K4を購入した時も、つまみを回しても周波数が下がらないトラブルがあり初期不良で新品交換しました。

既に心は、APRSを実際に運用して見たい誘惑に駆られています。(笑)

QCQ企画

ネット・サーフィンをしていて見つけたのですが、QCQ企画はこんなこともやっているのですね。




Technician Classが無料と言うことなので、どんな物なのか、早速、申し込んで見ました。

現行のTechnician ClassQuestion Pool(問題集)の有効期限が今年の6月30日までなので、余剰在庫分を宣伝方々無料配布しているのでしょうか?

アンケートの中に、「FCC試験を受験したことはありますか?」と言う問いがありましたので、正直に「はい」と答えました。(笑)

無事に届きましたら、レポートしたいと思います。

FCC New Licensees

ARRLのホームページに、2009年のFCCアマチュア・ライセンス取得者数が掲載されています。




これによると、2009年は2008年に比べて、7.5%増の30,144名の方が新たにライセンスを取得しました。
また、全体のライセンス数も3%増の682,497名で、ここ数年増加傾向にあります。
アマチュア無線に興味を持つ方が増えるのは、アマチュア無線界の若返り底上げにつながる可能性があります。

ちなみに、現在発給されているライセンス数は、

  Novice:        17,084
  Technician:    334,245
  General:       150,970
  Advanced:      60,795
  Amateur Extra: 119,403

だそうです。

空きコールサインを棚卸?

米国のバニティー・コールサインの割り当て情報を提供しているAE7Qサイトで、今週末、大量の1x22x1の空きコールサインが掲載されています。

6エリア(カリフォルニア州)の1x2だけを見ても、空きコールサインが2つもありました。










データベースの棚卸でもやったのでしょうか?
緑色の日付はそのコールサインが空いた日(申請出来るのはその2年+1日後)を表しますが、かなり昔の日付です。 データベースの中に埋もれていたと言う感じです。

他のエリアでも同様で、慢性的に凄い競争倍率になる4エリアでさえ、2x1の空きコールサインが7つもあります。

バニティー・コールサインを検討している方には絶好のチャンスです。

なお、米国では1月18日(月)が「キング牧師の誕生日」で祝日になりますので、申請の締め切りは日本時間の1月20日(水)13時59分59秒になります。

Good Luck!

ハイチ大地震・救援募金

ご存じの通り、ハイチ大地震が発生し、大きな被害が出ています。
2010年1月12日の現地時間午後5時(日本時間13日午前7時)頃、カリブ海地域のハイチ(人口1,000万人)で、マグニチュード7.3の大地震が発生しました。
現地政府からは まだ詳細な被害状況についての発表はありませんが、同国首相は10万人以上が死亡したとの見解を表明しています。

日本赤十字社では、被災された方々を支援するため救援金の募集を実施しています。
ご協力よろしくお願いいたします。
※このページでの救援金の受付期間:2010年2月12日(金)まで。
(現地の状況などにより期間が変更になる場合があります)
Yahoo!ポイント、または壁紙購入で救援募金が出来ますので、ご賛同いただける方は下のブログパーツをクリックして下さい。



早速、私も募金しました。

くろ玉

よく「名物に旨い物無し」と言いますが、旨い物が有りました。




甲斐(山梨)土産の「くろ玉」です。




いやぁ~、美味しかったです。
名前の通り黒い玉状で、外は真っ黒。中を割ってみると黄緑色の餡の、見た目にもちょっとめずらしいお菓子です。

中の餡は、青えんどう豆を用いたうぐいす餡ですが、餡とは別に煮た北海道産えんどう豆を一緒にまぜており、風味がいっそう増しています。

真っ黒な外側は、黒砂糖を羊羹に仕立て、うっすらと包んでいます。

コクのある黒砂糖の甘さと、うぐいす餡の優しい甘さが互いに引き立て合う、素朴な、懐かしさを感じるお菓子です。
うぐいす餡羊羹のバランスが絶妙で上品な甘さです。

Technician Classの問題が変わります

今年の7月1日よりTechnician ClassQuestion Pool(問題集)が切り替ります。




7月1日以降に受験される方は、こちらQuestion Poolを参照して下さい。

今までTechnician Classには無かった、図を使った問題が新たに追加されました。
また、All of these choices are correct.が正解である確率が下がった様な気がします。
現在のQuestion Poolに比べて、よりしっかりと勉強する必要がありますね。(笑)

なお、現在使われているQuestion Poolの有効期間は次の通りです。

  Technician Class:    July 1, 2006 thru June 30, 2010

  General Class:      July 1, 2007 thru June 30, 2011

  Amateur Extra Class: July 1, 2008 thru June 30, 2012

QTC(ハイチ大地震に関する要請)

今般発生した「ハイチ大地震」に関するQTCです。




IARU Region 2は非常通信をスムーズに行うため、次の周波数をクリアにする様に要請しています。

  7.045 and 3.720 MHz (IARU Region 2 nets)

  14.265, 7.265 and 3.977 MHz (SATERN nets)

  14.300 MHz (Intercontinental Assistance and Traffic Net)

  EchoLink node 278173 (The International Radio Emergency Support Coalition)

詳しくは、ここ(英文)をご覧下さい。

関連記事がJARL-WEBにも掲載されています。

〔この記事は転載可能です〕

〔追記〕 1月24日に解除されました。
FC2カウンター
LOG SEARCH
プロフィール

JK1FUP

Author:JK1FUP
1977年に144MHzで開局。
2000年頃からしばらくQRTしていましたが、1アマ取得(2007年)を機に再開。
RIGの準備からANTの設営まで、一からの再スタートでした。
N6NYでもQRV。 2009年11月に初の海外運用をサイパンで敢行、すっかり嵌ってしまいました。

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: